LINEリッチメニュー制作

国内で利用者の多いLINE。

LINE公式アカウントをビジネスに使っている方も増えています。

女性個人事業主さん、サロン・ショップオーナーさんなどを対象に新しいサービスを始めました。

\LINEリッチメニュー制作/

あなたに代わってLINEリッチメニューを作成します。

もっと詳しく

目次

リッチメニューとは

今や、日本国内での利用者数が8,400万人を超え、毎日利用するアクティブユーザー率が80%もいるといわれているLINE。

ビジネスで使う場合、扱っている商品やサービスのお知らせやクーポンを配信して、顧客や見込み客にアプローチすることができる便利なツールです。メールよりも到達率が高く、1対1でコミュニケーションをとることができるのも魅力的ですよね。

今回お届けする新しいサービスは「リッチメニュー」

リッチメニューとはLINEのトーク画面下部にある、大きなバナーメニューのことです。

ニールズヤード
スタジオヨギー
フェリシモ猫部

画面を大きく占有するためユーザーの注意を引きやすく、リンクを設定することで、LINE公式アカウントの各機能のほか、外部サイトや予約ページなどにユーザーを誘導することができます。

なぜリッチメニューを設置したほうがいいの?

リッチメニューを活用するメリットとして、以下が挙げられます。

ユーザーにとってわかりやすく・使いやすい

LINE公式アカウントを使用する大きな目的の1つは、申し込みや見込み顧客を増やすこと。そのために、LINE公式アカウントがユーザーにとってわかりやすく、使いやすいことが求められます。

リッチメニューはユーザーがトーク画面を開けばスクロールせずに見られるので、一番にユーザーの目に入ります。

リッチメニューは、公式アカウントの顔とも言えます。さらにクリック率は高めるには、導線を整備するだけでなく、魅力的なデザインやキャッチコピーでユーザーを惹きつける工夫をしましょう。

複数の導線を作ることができる

リッチメニューは、最大6枚まで画像を設定することができます。画像をクリックすることで、自分のホームページやSNSへの誘導が可能となります。

その導線を検討するときには、ユーザー側に取ってもらいたい行動の流れがスムーズになることを最優先に考えることがポイントです。ホームページへの誘導や予約のコンバージョンアップ、クーポンの利用促進などの目的に最適です。

高いクリック率が期待できる

ユーザーが最も頻繁に開くトーク画面の大きな部分を占めるリッチメニューは、真っ先にユーザーの目に触れるため、高いクリック率とその効果が期待でき、ユーザーが自ら必要な情報を取得してくれるようになります。

何度でも設定変更可能

メッセージは1カ月に送信できる通数に限りがあります。しかし、ユーザーの目につきやすいリッチメニューに情報を掲載すれば、メッセージを配信しなくても、効果的に情報を伝達できます。

リッチメニューは何度でも設定を変更できるので、期間限定でリッチメニューを使い分けることも可能です。キャンペーン期間はそれに特化したリッチメニューを表示させるなどすれば、タイムリーな情報伝達ができるようになります。

つくってみたいけれど

リッチメニューを導入するといいことはわかった。

でも

  • パソコンがとにかく苦手
  • 設定方法がわからない
  • デザインできると思えない

そのようなお悩みをお持ちの方でも大丈夫です!

制作をまるっと引き受けます。

デザイン&画像の制作だけでなく、パソコンが苦手な方のために設定もサポートいたします。

まずはお気軽にご相談ください。

あなたのイメージを伺って、シンプル&オシャレなリッチメニューを制作いたします。

やりたいことはあきらめず、一緒に実現していきましょう。

\LINEリッチメニュー制作/

あなたに代わってLINEリッチメニューを作成します。

もっと詳しく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次